のぼりの歴史

戦国時代に登場したのぼり旗ですが、戦いのための旗印でした。それまでの平和な時代には、のぼりは、外出する貴族などの一行の所属を表すものでした。

のぼり旗の意義

のぼりの歴史

戦国時代に登場したのぼり旗ですが、戦いのための旗印でした。

それまでの平和な時代には、のぼりは、外出する貴族などの一行の所属を表すものでした。

旗の形も少し違って、長方形の旗の上辺両角をひもで釣り上げた、吹き流しのような、流れ旗といわれるものでした。

東京にある薬科大学の講堂には、中国の貴族による「薬草狩り」の壁画があります。

行列している貴族一行の、所属する家の家紋と「薬草狩り」と染め抜いてある、流れ旗を持つお付のものが先導して、山の中で薬草を求めて、探している巨大な油絵の壁画です。

同じ大学の講堂の上の階には、家紋と「鹿狩り」と染め抜いた流れ旗を持つ、貴族の一行が、野生の鹿を追う姿が描かれています。

旗のデザインは、大きさこそ違いますが、今日の「相撲のぼり」に似て、上部に家紋、その下に縦書きで「鹿狩り」とありました。

現在の商業用ののぼりとは別に、のぼりは宗教施設にも使われています。

神社仏閣にある鳥居や参道に、祭ってある神様の正式名称や、お稲荷さんの正一位、正二位などの位を入れた、奉納のぼりもあります。

こういったのぼりは、信者の方の寄贈で作られ、多いほどご利益があるともいわれます。

祭られている神様の名の入った、多数の奉納のぼりを見て、参拝客はいっそうありがたみが増すといったところでしょうか。


Copyright (C) www.fightfannation.com. All Rights Reserved.

のぼり旗の意義